お問い合わせ 顧問契約 ページトップ

交通事故

サービス内容と料金

料金について(各サービス共通)

いくらになるのか?

弁護士に依頼するとき、弁護士費用がいくらになるのか気になる方が多いと思います。
当事務所にご依頼いただいた場合の弁護士費用については、ご依頼を受ける事件の種類に応じて、概ね、以下に記載した料金が目安の金額になります。
ただし、事件によっては、通常の基準では金額が決まらない事件があります。
※当事務所では、相談時に事案の概要をお伺いして、個別に見積りを行い、ご依頼をいただく前に必ず弁護士費用の見積りを提示させていただきます(費用の見積り自体は無料)。
※一括でのお支払が困難な場合には、分割払の相談にも応じますのでご安心ください。

弁護士費用について

法律相談料とは
法律相談の費用になります。
着手金・報酬金とは
事件などの性質上、弁護士の業務の結果に成功不成功があるものについては、事件などをお受けする場合、着手金・報酬金をお支払いただきます。
着手金とは、弁護士の業務の結果に関わらず、最初にお支払いただく費用です。
報酬金とは、弁護士の業務の結果、成功の程度に応じて着手金とは別にお支払いただく費用です。
手数料とは
事件等の性質上、弁護士の業務の結果に成功不成功がないものについては、事件等をお受けする場合、手数料として費用をお支払いいただきます。
実費とは
弁護士の業務において発生する収入印紙代、郵便切手代、謄写料、交通費などです。
弁護士費用について

1

法律相談料

主なサービス内容

当事務所において法律相談を実施します。

料金

30分 5,000円
※自動車保険の弁護士費用特約を利用できる場合は、相談者は無料で法律相談をお受けできます。
※日本司法支援センター(法テラス)の無料法律相談の要件を満たす場合は、相談者は無料で法律相談をお受けできます。ご利用を希望される方はお申し出ください。
※消費税別途

2

病院など出張サービス

主なサービス内容

当事務所の弁護士が入院中の病院まで出張いたします。

料金

・交通費(実費)
・日当(交通費に加えて、以下の日当が発生する場合があります。)

往復2時間を超え4時間まで 3万円
往復4時間を超え7時間まで 5万円
往復7時間を超える場合 10万円

※自動車保険の弁護士費用特約を利用できる場合は、交通費実費及び日当は保険会社が負担してくれます。
※消費税別途

3

弁護士費用

主なサービス内容

弁護士が示談交渉、訴訟手続等の業務を依頼者に代わって行います。

料金

着手金・報酬金方式で依頼を受けた場合、弁護士費用の基準は以下のとおりです。

●着手金

経済的利益の額が125万円以下の場合 10万円
300万円以下の場合 経済的利益の8%
300万円を超え3,000万円以下の場合 経済的利益の5%+9万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 経済的利益の3%+69万円
3億円を超える場合 経済的利益の2%+369万円

●報酬金

経済的利益の額が300万円以下の場合 経済的利益の16%
300万円を超え3,000万円以下の場合 経済的利益の10%+18万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 経済的利益の6%+138万円
3億円を超える場合 経済的利益の4%+738万円

※自動車保険の弁護士費用特約を利用できる場合は、交通費実費及び日当は保険会社が負担してくれます。
※消費税別途

お問い合わせ

法律相談のご予約はこちら。
まずはお気軽にご相談ください。

  • tel:025-222-7788

    受付時間:9:00〜18:00(土日祝を除く)

  • お問い合わせ