お問い合わせ 顧問契約 ページトップ

成年後見・財産管理

ご相談の流れ

当事務所では、高齢者やその家族の方々をサポートするサービスとして、任意後見・成年後見・財産管理に関する相談をお受けしています。
以下のチャート図の各種手続の項目をクリックしていただきますと、その項目のよくある質問【Q&A】をご覧いただけます。

開始

01

任意後見・成年後見・
財産管理に関する
法律相談

まずは財産の管理に関するお悩みをお聞きします。

調査

02

本人の財産の確認

管理の対象となる財産を確認しておく必要があります。

03

本人の判断能力に
関する調査

財産管理に関する法的支援は、ご本人の判断能力に応じて行う必要があります。

検討

04

利用する手続について
検討

各種手続の中から、ご本人にとって最適な手続を選択・実行することになります。

手続

05

判断能力が不十分と
診断された方

判断能力が不十分な場合、判断能力の低下の程度に応じて、「後見」「保佐」「補助」の制度の利用を検討します。

06

将来の判断能力の低下に
備えてあらかじめ
準備される方

将来の判断能力の低下に備えて、予め、誰にどのような支援をしてもらうかを契約により決めておく制度(任意後見制度)があります。

07

個人財産の管理・信託
の利用を検討される方

現在の財産管理に不安がある場合、弁護士に財産の管理を委託する内容の契約(財産管理契約)を締結します。契約の内容は、ご本人と弁護士が協議して決定します。また、信託の利用についても検討します。

お問い合わせ

法律相談のご予約はこちら。
まずはお気軽にご相談ください。

  • tel:025-222-7788

    受付時間:9:00〜18:00(土日祝を除く)

  • お問い合わせ